慰謝料の問題で弁護士と向きあう方法

慰謝料の問題で弁護士と向きあう方法について

目には目を歯には歯

17年05月11日

未分類

目には目を歯には歯 はコメントを受け付けていません。


Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

保険会社だって交通事故被害に遭った人たちとは全然違う法律のプロフェッショナルなのです。パニック状態になってしまい、かつ仕事にも行かなければなりません。時間のない被害者にとって、まともに向きあうことが出来る人物なんかではないのです。

保険会社は治療費や慰謝料等の支払いに対して、妥当な金額を支払いしようという思いなんて全然持ってません。そもそも弁護士依頼をしない人たちには、最終的には保険会社を頼ればいいという甘い思いを持っているのかもしれませんが、保険会社とはそもそもそのような存在でないということをあらかじめ理解しておく必要があります。

保険会社という存在は、治療費や慰謝料などの支払いを減らすことによって利益を作ることを目的としています。一見保険会社が親身に仕事をしてくれているように見えたとしてもそれに騙されては駄目です。

更に弁護士に依頼をすれば、わずらわしい問題から解放されることが出来ますから、交通事故被害に遭った人たちは治療に専念することが出来ますし、いつも通りに仕事に集中することが出来ます。

保険会社という法律のプロには、弁護士という法律のプロを、つまりそれは目には目を、歯には歯をということなのです。