慰謝料の問題で弁護士と向きあう方法

慰謝料の問題で弁護士と向きあう方法について

三つの基準を使用

17年05月12日

未分類

三つの基準を使用 はコメントを受け付けていません。


Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故被害に遭った人たちは通院にかかった治療費や交通費とは別にして、交通事故被害というつらい体験をさせられた訳ですから、当然慰謝料を請求することになります。

しかし、つらい思いをさせられた体験のためのお金って治療費のように具体的ではありませんよね。交通事故被害に遭った人たちも実際にどの程度請求出来るのかということが判らないというのが現状です。

慰謝料として、入通院慰謝料や後遺障害慰謝料があります。入通院慰謝料や後遺障害慰謝料は、それぞれ精神的損害を賠償するために存在しているものです。交通事故被害に遭った人たちそれぞれがどの程度の損害を被ったのかを個別に計算をしていかなければなりません。

公平性ということを考えると慰謝料は同じような被害を受けた場合大きく違うということ望ましいことではありません。ですから交通事故被害に対しての、慰謝料を請求の算定において、通院日数や後遺障害等級等の客観的な数値を用いて、一定の基準に当てはめて計算するという手法が取られています。

そこで一般的に使用されているものが、自賠責保険基準であり、任意保険基準であり、弁護士基準なのです。 果たしてそれらはどのようなものなのでしょうか。