慰謝料の問題で弁護士と向きあう方法

慰謝料の問題で弁護士と向きあう方法について

カテゴリー: 未分類


弁護士基準

17年05月17日

未分類

弁護士基準 はコメントを受け付けていません。


Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

自賠責保険基準はその計算の仕方が法律で定められているものなのですが、そもそも、自賠責保険というものは、人身事故に対しての最低限の保障を目的とする強制的保険に過ぎないのです。

だから算出基準は一番低く設定されています。 ならば任意保険基準はどうなのでしょうか。任意保険基準の場合、実際に内容が公開されているという訳ではありませんので、不明確な部分はありますが、それぞれの保険会社で、自賠責保険基準と弁護士基準の間ぐらいの金額をあらかじめ定めているようです。

つまり、そこでは自賠責保険基準以上の金額を期待することが出来ますが、決して弁護士基準値を超える額にはなり得ないということです。

保険会社は、当社の基準に照らし計算したところ、この金額となりました……という言い方をしてくるでしょう。 しかし、それは自分の会社の基準に当てはめただけの極々保険会社に都合のいい額に過ぎないのです。保険会社が妥当な額を提示しているかも謎です。

弁護士基準とは、実際の訴訟の中で示されたことのある、裁判所の考え方、交通事故についての過去の裁判例で実際に認められてきた金額を軸にして導き出された基準なのです。

弁護士に依頼をすれば、介入することによって相手方に請求していく際最終的には訴訟を提起することもあり得るということを念頭にし、弁護士基準を用いて損害額を計算することになります。

三つの基準を使用

17年05月12日

未分類

三つの基準を使用 はコメントを受け付けていません。


Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故被害に遭った人たちは通院にかかった治療費や交通費とは別にして、交通事故被害というつらい体験をさせられた訳ですから、当然慰謝料を請求することになります。

しかし、つらい思いをさせられた体験のためのお金って治療費のように具体的ではありませんよね。交通事故被害に遭った人たちも実際にどの程度請求出来るのかということが判らないというのが現状です。

慰謝料として、入通院慰謝料や後遺障害慰謝料があります。入通院慰謝料や後遺障害慰謝料は、それぞれ精神的損害を賠償するために存在しているものです。交通事故被害に遭った人たちそれぞれがどの程度の損害を被ったのかを個別に計算をしていかなければなりません。

公平性ということを考えると慰謝料は同じような被害を受けた場合大きく違うということ望ましいことではありません。ですから交通事故被害に対しての、慰謝料を請求の算定において、通院日数や後遺障害等級等の客観的な数値を用いて、一定の基準に当てはめて計算するという手法が取られています。

そこで一般的に使用されているものが、自賠責保険基準であり、任意保険基準であり、弁護士基準なのです。 果たしてそれらはどのようなものなのでしょうか。

目には目を歯には歯

17年05月11日

未分類

目には目を歯には歯 はコメントを受け付けていません。


Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

保険会社だって交通事故被害に遭った人たちとは全然違う法律のプロフェッショナルなのです。パニック状態になってしまい、かつ仕事にも行かなければなりません。時間のない被害者にとって、まともに向きあうことが出来る人物なんかではないのです。

保険会社は治療費や慰謝料等の支払いに対して、妥当な金額を支払いしようという思いなんて全然持ってません。そもそも弁護士依頼をしない人たちには、最終的には保険会社を頼ればいいという甘い思いを持っているのかもしれませんが、保険会社とはそもそもそのような存在でないということをあらかじめ理解しておく必要があります。

保険会社という存在は、治療費や慰謝料などの支払いを減らすことによって利益を作ることを目的としています。一見保険会社が親身に仕事をしてくれているように見えたとしてもそれに騙されては駄目です。

更に弁護士に依頼をすれば、わずらわしい問題から解放されることが出来ますから、交通事故被害に遭った人たちは治療に専念することが出来ますし、いつも通りに仕事に集中することが出来ます。

保険会社という法律のプロには、弁護士という法律のプロを、つまりそれは目には目を、歯には歯をということなのです。

慰謝料問題は弁護士へ

17年05月10日

未分類

慰謝料問題は弁護士へ はコメントを受け付けていません。


Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故被害に遭ったとき、弁護士に依頼することでいろいろなメリットがあります。 兎に角負担交通事故被害に慣れているという人たちは100%いるはずはありません。交通事故被害にあってほとんどの人たちはパニック状態になっているのに、そのとき加害者・保険会社といろいろな交渉をしていかなければならないというのは、兎に角交通事故被害に遭った人たちにとって理不尽な負担と考えることが出来ます。

交通事故被害に遭ってしまったことにプラスαの負担として考えることが出来ます。弁護士に依頼することには、慰謝料の問題などスムーズにやりとりすることが出来ますし、相手方とのやりとりから解放されるというのが大きなメリットとして考えることが出来ます。

弁護士に依頼をしなければ兎に角、しなければならないことは全部自分でしなければならないということになります。何もかもはじめての体験であり、弁護士に依頼しないでそもそも保険会社の対応なんて何をしていいか100%判らないというのも現実です。

医者にも行かなければならないですし、仕事もしなければならないですし、そもそも加害者と向きあう時間なんてもともとないというのが実状です。そんなとき、いつの間にか相手のいいなりなってしまっていたということがないように注意をしなければなりません。
自分で実際に保険会社と交渉は出来ない問題ではありません。しかし、自分1人で交渉をしていると、つい保険会社のいいなりになっているかもという不安って必ず起こるものです。